生活情報

2017.12.26

【いつ使うの?どこでもらえるの?】中野区での印鑑証明の取り方

普段から目にするものではないけれど、とても重要な取引の時などに使われる印鑑証明。ここでは、中野区での印鑑証明の取得方法について説明したいと思います。

 

印鑑証明って、どういうもの?

印鑑証明は、正式には【印鑑登録証明書】と言います。人生における大切な局面で必要になる証明書です。

契約書類に押された印鑑が、自治体で登録された【実印】であることを証明します。

 

 

どんな時に使うの?

家やマンションの売買、車の購入。公正証書の作成や遺産の相続などで必要です。

 

 

どこで取れるの?

中野区では、区役所の窓口での申請のほか、全国のコンビニエンスストアや電子申請も行なっています。

順に詳しく説明します。

 

窓口申請の方法

区役所1階の戸籍住民分野、5カ所の各地域事務所で、印鑑登録証を持参し申請する方法です。代理人による申請の場合でも、委任状は必要ありません。

 

受付時間は、月曜から金曜の午前8時半から午後5時までです。

※毎週火曜日は、午後8時まで受付しています

※毎週日曜は、午前9時から午後4時まで受付しています

※祝休日、年末年始はお休みです

※臨時閉庁になる場合があります。こちらで業務日程の確認をしてください

※地域事務所は、月曜から金曜の午前8時半から午後5時までです

 

手数料は1通300円です。

 

問い合わせ先はこちら

区民サービス管理部 戸籍住民分野 住民記録担当

区役所1階 5番窓口

電話 03-3228-5500

午前8時半~午後5時(祝休日、年末年始を除く月曜から金曜)

 

全国のコンビニエンスストアでの取得方法

マイナンバーカード(個人番号カード)、もしくは住民基本台帳カードを利用して、コンビニエンスストアのマルチコピー機を操作し、印鑑登録証明書(住民票の写しも)を取得することができます。

マイナンバーカードは、あらかじめコンビニ交付サービスの搭載がされていますので、何らかの手続きや申請をする必要はありません。

住民基本台帳カードの場合は、事前に利用登録をする必要があります(平成271222日に新規発行・更新及び利用登録は終了)。以前に登録をしていない方は、マイナンバーカードを取得する必要があります。

 

手数料は1通200円と、窓口よりお得ですので、マイナンバーカードを持っている方はこちらの方が時間の融通も利くので便利です。

詳しくはこちらをご覧になってください。

 

電子申請の方法

この場合は、事前に利用者登録が必要になりますが、自宅のパソコンから全ての手続きが完了し、印鑑登録証明書も郵送されてきます。

ある程度時間に余裕のある方向けですが、窓口等に出向かなくて済むので忙しい方にもオススメです。

印鑑登録証明書や住民票の他にも、納税証明書なども申請可能です。

詳しい手続き方法や、取得できる証明書の種類はこちらをご覧ください。

大まかな流れは下記の通りです。

 1 「東京電子自治体共同運営サービス」のサイトをとおして申請

 2 中野区から、内容確認・手数料についてメールが届く

 3 申請者が、振込による支払い

 4 中野区から、印鑑登録証明書が発送される

 

1通300円の手数料と、郵送料がかかります。

マイナンバーカード等に適合しているカードリーダーも必要になります。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

夜間・休日受取り予約

事前に電話で予約をしておき、区役所の夜間休日窓口で受け取る方法です。

電話予約時と、受け取り時の両方で、印鑑登録証(カード)が必要です。

 

予約電話受付時間

受け取り日を含めて7日以内の月曜から金曜

午前9時から午後4時(祝日と年末年始を除く)

申し込み先電話番号

戸籍住民分野 証明担当 03-3228-5506

受取時間

予約の電話をした本人が直接受取りに行く

月曜から金曜は、午後6時から午後11

(祝日と年末年始を除く)

火曜は、午後8時から午後11

土日、祝日、年末年始は、午前9時から午後11

休日窓口開庁の日曜は、午後4時から午後11

受取場所

中野区役所1階 夜間休日受付窓口

持ち物

交付手数料 1300

本人確認書類(マイナンバーカード、住民基本台帳カード(写真付き)、運転免許証、健康保険証等)

印鑑登録証明書を希望の場合、印鑑登録証(カード)

他にも受け取り可能な証明書もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

引っ越した場合はどうなるの?

中野区内の移動であれば、特に手続きは必要ありません。転居届を出すのと同時に、印鑑登録の住所地も変更されます。

中野区外からの転入、もしくは中野区外への転出の場合は、印鑑登録が抹消されます。早急に必要な場合は、転入届を提出する時に、印鑑登録も新しい住所地で行いましょう。

 

 

法人の場合の印鑑証明は?

印鑑登録のところで、本店の所在場所の管轄の登記所で行うことは書きましたが、印鑑登録証明書であれば、その時に発行された印鑑カードを持参すれば、全国どこの登記所でも申請することができます。

また、オンライン請求も可能ですので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

さいごに

難しそうだけど意外と身近な印鑑証明。コンビニだといつでも取れるし、手数料もお得だし。電子申請なら、家から1歩も出ることなく取得もできます。なんだか少し、身近に感じますね。