生活情報

2018.1.10

目黒区へお引っ越し、転入届の手続きの仕方【これさえ読めば完璧!】

目黒区は、住みたい街ランキングでも上位を誇る街が多く、特に女性からは高い支持を集めています。その理由の一つとして、23区内でも犯罪率が極めて低く、治安の良さが挙げられます。(平成27年度警視庁犯罪発生状況の統計)

その目黒区での転入届の手続きについて、簡単にわかりやすくまとめました。慣れない区役所での手続きをさくっとご紹介致します。

 

転入届は引っ越し後に必須の手続き

転入届の手続きは、新住所に住み始めてから14日以内に行わなければならないと法律で定められています。なので、もし転入届の手続きをしなかった場合には、5万円以下の過料を支払う、という罰則を受けることになるかもしれません。

そして電話や郵送などの手続きは不可で、必ず窓口での手続きになります。

 

引っ越しの際の手続きの流れとしては、

 

・前住所での転出届の手続き、転出証明書の発行をしてもらう

 ※引っ越し前の14日以内

・引っ越し

・新住所での転入届の手続き

 ※住み始めてから14日以内

 

といったものになります。

 

 

目黒区で転入届の手続きができる人、代理人でもOK

転入届の手続きができる人は、

 

・本人または同一世帯の人

 

と決まっていますが、代理人でも手続きができます。

ただしその際には委任状と、代理人の本人確認書類が必要です。

転入届の手続きをする時には、それらを忘れずに持参してください。

 

委任状ダウンロード

委任状書き方

 

本人確認書類

  • 運転免許証、パスポート、社員証、学生証など写真付きのものは1
  • 健康保険証、マイナンバー通知書などの写真がないものは2

 

 

目黒区での転入届の受付窓口と受付時間 日曜日もできる!

平日は、目黒区総合庁舎及び地区サービス事務所で受付しています。毎月1回日曜日開設は目黒区総合庁舎のみとなります。行政サービス窓口では転入届の取り扱いはしていません。お気を付けください。

 

【目黒区総合庁舎本館1階 戸籍住民課住民記録係

  所在地  目黒区上目黒2-19-15 

  TEL  03-3715-1111(代表) 

       03-5722-9884(直通)

  受付時間 平日月曜~金曜 午前830~午後500まで

(土日祝日、12/291/3は休館)

       毎月1回日曜日 午前1000~午後430まで

        (日曜日の開設日はこちらでご確認ください) 

 

【各地区サービス事務所】

各窓口の開設時間は

平日月曜~金曜 午前830~午後500まで

(土日祝日、12/291/3は休館)

※日曜日開設は行っていません。

 

地区サービス事務所名

所在地

連絡先

北部地区サービス事務所

大橋1-5-1

クロスエアタワー9

03-3496-5208

東部地区サービス事務所

上目黒2-19-15

目黒区総合庁舎内

03-5722-9752

中央地区サービス事務所

中央町2-9-13

食販ビル内

03-5722-9885

南部地区サービス事務所

碑文谷1-18-14

碑小学校内南西側

※南門より

03-3719-2071

西部地区サービス事務所

柿の木坂1-28-10

03-5731-2500 

 

 

転入届の手続きに必要な持ち物

必要なものは下記の通りになります。転入届の手続きに行かれる前には、忘れ物のないよう、準備と確認を忘れずに。

 

  • 前住所の市区町村発行の転出証明書
  • マイナンバーカードまたは通知書(お持ちの方のみ、ご家族全員分)
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方)
  • 手続きする方の本人確認書類 ※運転免許証、パスポート、社員証、学生証など顔写真のあるものは1点、その他健康保険証や年金手帳など顔写真のないものは2点必要
  • 代理人の場合には委任状

 

※外国からの転入の場合

上記の4(または5)の他に、

  • パスポート(ご家族全員分) ※パスポートに入国審査のスタンプがない場合は、全員分の帰国便チケット半券
  • 戸籍個人事項証明書または戸籍全部事項証明書
  • 戸籍の附票の写し ※本籍地のある役所のみにて発行 

 

 

これもついでに手続きしてしまおう!

こんな必須の手続きもあることを覚えておくと便利です。

 

〇区役所での手続き

  • 国民健康保険、国民年金の加入登録
  • 印鑑登録(必要な方のみ)
  • お子さんの転校届
  • 母子手帳の登録変更
  • 児童手当の手続き
  • 住人基本台帳カードの住所変更(お持ちの方のみ)

 

〇管内の警察署または各地域の免許証更新センター

・運転免許証の住所変更

 ※お持ちの免許証、新しい住民票、印鑑が必要です

 

〇地域管轄の陸運輸局など(サイズや種類によって異なります)

・自動車、バイク等の住所変更

 ※ほとんどは、自分の車やバイクのメンテナンスを任せているディーラーや、自動車整備工場に代行してもらうのが一般的

 

〇東京都のパスポート各申請窓口

・パスポートの住所変更

 ※お持ちのパスポート、戸籍謄本、新しい住民票が必要です

 

〇その他、銀行キャッシュカード、クレジットカード、ポイントカードなど、各窓口にて手続きが必要です。

 

〇全国の郵便局

そして行っておくと便利なのが、全国どこの郵便局でも手続き可能な、引っ越し先への転送サービスです。手続き後、前住所へ届く郵便物を新しい住所に1年間転送してもらえます。ネットでも簡単に手続きできるe転居がありますので、ぜひご利用ください。

 

 

目黒区総合庁舎内レストランでランチしませんか?

総合庁舎内本館1階にレストランがあります。午前11時から午後2時までのランチのみの営業ですが、メニューがとても豊富です。そば・うどん・カレーなどの軽食から、ABC3種類ある日替わりランチに、日替わりの丼ものと各種勢ぞろい。ミニ丼やミニカレーライスもあるので、麺類と組み合わせてセットメニューのようにするとボリューム満点。今日はどれにしようか、なんて本当に迷ってしまいますね。ぜひお試しあれ。

 

目黒区役所レストラン

住  所  目黒区上目黒2-19-15 目黒区総合庁舎本館1階

問合せ先  03-3715-1111

営業時間  午前1100~午後200

  定休日  土日祝日、年末年始

引用:目黒区役所

 

 

おわりに

ざっくりと転入届の手続きについてまとめてみました。なかなか転入届について詳しく調べることはないと思いますが、上記のポイントを押さえておけば、大概どこに引っ越しても簡単に手続きができます。この先また引っ越しすることがありましたら、再度ご活用いただけると有り難いです。

それではこれから始まる新生活を思いっきり楽しんでください!