行政情報

2018.1.10

目黒区で印鑑証明を取得する方法【コンビニでの取得もできます!!】

人生での大きな買い物の一つである車。購入するにあたって印鑑証明の提出を求められ、初めてその存在を知る人も多いのではないでしょうか。

 

印鑑証明は一体どうしたら手に入れることができるのでしょうか。そもそも印鑑証明とは何なのでしょうか。なぜ必要なのでしょうか。

そんな少し分かりにくそうな印鑑証明の取得まで、本記事にて分かりやすく解説します。それでは、目黒区にて印鑑証明を取得する方法をどうぞ!

 

印鑑証明とは?

印鑑証明、正式名称は“印鑑登録証明書”と言います。契約時などに使われる実印が、正しい物であることを証明するために必要となります。

 

印鑑証明が必要になってくる主なケースは以下の通りです。

  • 自動車を売買・廃車する時
  • 家やマンションなど家屋を購入する時
  • 住宅ローンを組む時
  • 土地を売買する時
  • 保険金を受け取る時

大切な取引をするシーンで求められることが分かり、印鑑証明の重要性を感じますね。

 

 

目黒区での印鑑証明取得の仕方

印鑑証明は必要なものを揃え、受付窓口にて申請します。用意するものも少なく簡単に申請することができます。代理人による申請も可能ですが本人による申請が一番スムーズでしょう。

 

印鑑証明書取得のために必要なもの

  • 印鑑登録証
  • 手数料300円

以上2点を用意し、“印鑑登録証明書交付申請書”に必要事項を記入して申請します。手数料は一通300円なので、複数枚必要な際は枚数分用意しましょう。

 

 

目黒区の印鑑証明書取得の受付窓口

目黒区では以下の施設で申請を行うことができます

目黒区総合庁舎

目黒駅行政サービス窓口

 

受付時間:平日午前8:30〜午後7:00

    :休日午前10:00〜午後4:30

 

以上2箇所の窓口では平日夜間と土日にも印鑑証明の申請が可能です。

詳しくはこちらをご確認下さい。

 

窓口には施設の点検のためなど、休業日があります。

休業日に関してはこちらをご確認ください

 

また下記6箇所でも申請することが可能です。

 

・駒場行政サービス窓口

・緑が丘行政サービス窓口

・北部地区サービス事務所

・中央地区サービス事務所

・南部地区サービス事務所

・西部地区サービス事務所

 

所在地に関して行政サービス窓口はこちら、地区サービス事務所はこちらをご覧下さい。

 

受付時間:平日午前8:30〜午後5:00

(駒場行政サービス窓口のみ火曜日は休館日)

 

コンビニ交付サービス

印鑑証明はマイナンバーカード(個人番号カード)を持っていれば、コンビニでも取得することができます。手数料は200円で、窓口より100円安く取得することができます。24時間対応ではないのでご注意下さい。また、マイナンバーカードは利用者証明用電子証明書の暗証番号を設定している必要があります。

 

コンビニ内のマルチコピー機の“行政サービス”をタッチした後、画面内の指示に従って操作を進めます。印刷までに時間がかかることがあります。

 

サービスを利用できる時間:午前6:30〜午後11:00

(12月28日午後7:00〜翌年1月3日は保守点検日となっています)

 

マルチコピー機が設置してあるすべてのコンビニで目黒区の印鑑証明を取得することができます。

 

取り扱いしているコンビニは以下の通りです。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • セブンイレブン
  • サークルKサンクス
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • セーブオン
  • コミュニティ・ストア
  • Aコープ北東北
  • イオンリテール
  • エーコープ鹿児島

 

印鑑証明書取得の際の注意事項

・印鑑証明書は基本的に有効期限はありませんが、大切な取引をする際に用いられるため他人に悪用されると危険です。複数枚余分に発行して家などに保管しておくことは避けましょう。またほとんどの提出先は『3ヶ月以内に発行されたもの』『6ヶ月以内に発行されたもの』などの期限を設けているので、やはり必要になった時に申請するのがいいでしょう。

 

・印鑑証明を発行するための、印鑑登録証は劣化などの理由により破損し使用できなくなることがあります。また平成12年から平成16年に発行されたカードは環境に配慮された材質を使われたため、同じ素材を利用した自治体で脆さが指摘されています。目黒区で発行されたものに問題はありませんが、頭番号31、32、33、34、35、00で始まるものに脆いものが含まれている可能性があります。今一度ご自身のお持ちになっている印鑑登録証をご確認下さい。

破損しているものは無料で新しいものと交換することができます。

 

・紛失などの理由でカードを再発行した場合、紛失した古いカードを見つけても登録番号が新しいものに切り替わっているため、そのカードを使用して印鑑証明書を取得することはできません。

 

印鑑登録証明書に関してのよくある質問

Q、印鑑証明は郵送にて申請できますか?

A、いいえ、郵送での発行はしていません。

 

Q、代理人による取得はできますか?

A、はい、できます。本人の情報を印鑑登録証明書交付申請書に記入し、本人の印鑑登録証を提示することによって取得することができます。

 

Q、コンビニでは店員さんに頼んで印鑑証明を発行してもらうことはできますか?

A、いいえ、できません。個人情報漏洩防止のため、店員による発行サービスは行なっていません。

 

 

目黒区での印鑑登録証明書の取得方法まとめ

このように、印鑑登録証と手数料さへあれば簡単に取得することができるんです。

コンビニでの発行はマイナンバーカードが必要なので注意して下さいね。以上、目黒区での印鑑証明取得の方法でした。